領収書(証)と収入印紙。収入印紙の種類、金額、販売場所、割り印、サイン

領収書(証)と収入印紙の金額

★領収書1枚で経理センスが身につく

「領収書・経費精算」の常識

領収書(領収証)を作成、発行する場合、領収金額に応じて、税法上、印紙代として、収入印紙を貼らなくてなりません。

金額が3万円以上になると、発行金額に応じ、収入印紙を貼ります。領収書に収入印紙を貼ることが、納税上の義務であるからです。
領収金額に応じた収入印紙を貼った後、その収入印紙が再使用できないよう、割り印、消印を押します。

     領収書(証)に貼る収入印紙の金額一覧

3万円未満                不要
100万円以下              200円
100万円を超え200万円以下    400円
200万円を超え300万円以下    600円
300万円を超え500万円以下    1千円
500万円を超え1千万円以下     2千円  など

収入印紙の購入方法、場所

収入印紙を販売している場所は、郵便局が代表的なところです。
郵便局なら、様々な金額の収入印紙を購入することができます。また、金券ショップでもやはり、いろいろな金額の収入印紙を販売しています。

最近は、コンビニエンスストア(コンビニ)でも収入印紙を販売するところが多くなっていますが、一般家庭用が主な対象であるため、額面金額200円の収入印紙しか在庫がないのが通例です。
その他、パスポートを発行する旅券事務所、免許書を発行する警察署など、収入印紙の添付が必要な公的な場所でも、収入印紙を販売しています。

◆すぐに役立つ契約書・印鑑・領収書の知識



◆図解ひとりでも総務・経理の事務が解決!

◆すぐに役立つ契約書・印鑑・領収書の知識